引退犬飼育ボランティア:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > ボランティア > 引退犬飼育ボランティア

公益財団法人日本盲導犬協会

引退犬飼育ボランティア

引退犬飼育ボランティアとは

引退した盲導犬を家族の一員として迎えていただくボランティアです。
引退後は、新しい家庭で、一般の家庭犬のように、のんびりと余生を過ごします。引退犬飼育ボランティアのおかげで、盲導犬ユーザーは安心して、新しい盲導犬と歩くことができます。

※現在、神奈川訓練センター・富士ハーネスでは募集をしておりません。

引退犬について

犬種は主に、ラブラドール・レトリーバーとゴールデン・レトリーバー、そしてこれらのミックスブリード(MIXB)です。約8年間盲導犬として活躍した後、引退した10歳前後の犬です。

引退犬飼育ボランティアの基本条件

①訓練センター近郊にお住まいで、移動手段として車をお持ちであること

動物病院に通う際や、訓練センターへお越しいただく際に車で移動する必要があります。
※訓練センターによって、申込可能な居住地を限定させていただいております。
●神奈川訓練センター
神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県にお住まいであり、訓練センターまで車で2時間程度の方
●仙台訓練センター
東北6県、新潟県にお住まいの方
●富士ハーネス
訓練センターまで車で2時間圏内の方
●島根あさひ訓練センター
中国5県にお住まいの方

②室内飼育ができること

盲導犬ユーザーが犬と暮らす環境が室内であるため、協会の育成プログラムでは子犬の頃より室内で飼育し、屋内でのマナーや社会性も身につけられるように育てています。そのため犬たちは室外で飼育される準備が出来ておらず、家の中で飼育されない場合は、疎外感による欲求不満やストレスを受け、問題行動を起こすことも予測されます。

③留守にする時間が少ないこと

家族の一員となるラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーは人の側にいることが大好きで、人といることでとても安心します。留守することが多いケースや、半日以上家に誰もいない生活スタイルのご家庭は犬にとって安心できる環境ではないため、申し訳ございませんが遠慮させていただいております。(単身でお住まいの方は不可とさせていただいております。)

備考

  • 犬を第三者に譲渡はできません。また、転居された場合は、必ず協会へご連絡ください。
  • ご都合により、登録をキャンセルされる場合は、必ず協会へご連絡ください。
  • 室内飼育ができないご家庭のご登録は、ご遠慮させていただきます。
  • 血統書の発行はしておりません。(すでに協会にて去勢・避妊手術を行っております。)
  • 協会が医療費の一部を負担いたします。

登録方法および犬の引渡しまでの流れ

①登録申込書を協会へ郵送

ご家族で十分ご検討いただき、ボランティアを希望してくださる方は、下記の引退犬飼育ボランティア登録申込書をプリントアウトし、ご記入の上、協会へご郵送ください。
引退犬飼育ボランティア登録申込書

※引退犬は、常時訓練センターに待機していません。
ご家族との相性や条件によって犬とのマッチングをしているため、申込後すぐには犬をお渡しできないことをご理解ください。

②委託のご連絡

委託をお願いしたい引退犬が出ましたらご連絡をいたします。
引渡しの日程や詳細については書面、電話、メールのいずれかにてご連絡いたします。

③犬との面会

協会の訓練センターで犬と面会をしていただき、相性が合えば当日ご自宅に連れて帰っていただけます。ご家族で検討後、後日お迎えに来ていただいても構いません。
尚、連れて帰る場合は訓練センターまで車でお越しください。
※2週間のお試し預け期間を設けています。

④委託契約

2週間のお試し預け期間終了後、正式に飼育委託契約をさせていただきます。


※引退犬飼育ボランティアの詳細・申込方法については下記よりご確認ください。
引退犬飼育ボランティア登録申込書

●引退犬飼育ボランティアに関するお問い合わせは【最寄りの訓練センター】までお電話ください。

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る