医療機関の事例:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

公益財団法人日本盲導犬協会

医療機関の事例

救急搬送、入院時盲導犬の同伴は認められなかった

経緯

盲導犬ユーザー本人が虫垂炎のため救急車で緊急搬送。入院手続きの際に個室を希望し、盲導犬の同伴を申し出たところ、それはできないと言われた。
急病だったので交渉する元気がなく、やむを得ず一緒にいた家族の車内で待機させ、すぐに協会職員が盲導犬を迎えにきてしばらく訓練センターに預かってもらうことになった。
数日後無事に退院はしたが、居住地域の病院であり今後も利用することがあるかもしれないので盲導犬同伴を認めてほしい。

協会の対応

病院の医事課へ電話し状況を確認。
「通院に関しては事前に電話もらえば何とかする」との回答。補助犬受け入れについての具体的対策はしていない様子であった。

病院の今後の受け入れ体制について、文書にて確認を行うこととした。
病院内で検討いただき、補助犬同伴の来院者の対応について以下の回答を得た。

① 補助犬が同伴できる範囲は?
・・・待合室・診察室まで同伴可。処置室は状況に応じて対応する。
② 同伴者なし、単独受診の場合の対応は?
・・・職員を配置し、院内の誘導を行う。
③ 補助犬を待機させる場合の場所は?
・・・廊下・待合室や事務所などを含めて広いスペースが確保できる、特定の場所は決めていないが、状況に合わせて待機場所を決める。

ただし、入院の場合、病室への同伴については、「身体障害者補助犬法に関する厚労省HP内にあるマニュアルを読み、よく精査して対応を決めていきたい」との回答であった。

ユーザーに報告し、まずは通院については一応の理解を得たことで安堵の言葉がもれたが、病室への入室許可も得られるよう理解を求めていく。

協会からのコメント

協会からのコメント

衛生管理・行動管理がされている盲導犬

病院での受け入れは、感染症の問題で盲導犬同伴を断られるケースが多くあります。特にこのケースのような緊急時にはなかなか対応しきれていないのが現状です。しかし、盲導犬は感染症に対しての行動管理や予防接種も万全な対策をとっています。

協会が協力しておこなっている病院でのAAT(アニマルセラピー)活動では、衛生管理がなされた盲導犬PR犬が医療現場で病気の人に寄り添い治療のお手伝いをしています。排泄管理もユーザー自身がおこなっていますので、一定のルールを設けたうえでの受け入れに取り組んでいただくようお願いします。

また、ユーザーが救急車で搬送された際の盲導犬の扱いについて、以前消防署より相談がありました。
ユーザーが救急車で搬送される場合は、基本的に盲導犬も救急車へ同乗させることになります。盲導犬が単独で放置される状態は避けるべきです。わかりやすく言えば、ユーザーの管理できない状況下においては、盲導犬は乳幼児と同様と考え対応いただきたいのです。

参考:厚生労働省HP 『身体障害者補助犬ユーザーの受け入れを円滑にするために~医療機関に考慮していただきたいこと~』
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/html/a08.html

父の危篤、病院に入れず

経緯

盲導犬ユーザーの父親が脳梗塞で倒れ、翌日、父が住む遠方の病院へ駆けつけたが、病院側から「前例がない」「他の患者の迷惑になる」と盲導犬同伴を断られ、ユーザーが「こうしている間にも父の容態が悪化したらどうするのか」と言っても、態度は変わらなかった。仕方なく、夫と交代で病室へ行き、一人が玄関で盲導犬と待機する状態になった。

病院側の説明は「病院の規則だから」ということであった。ユーザーが「制度はともかく、今は緊急対応で了承してもらえないか」と交渉したが、先方の対応は変わらなかった。

協会の対応

協会から病院へ電話して事実確認と盲導犬同伴についての見解を求めたところ、盲導犬について職員の認識不足であったとして、ユーザーへの謝罪があった。さらにマニュアル作成を含めた体制づくりを急ぐとのことだった。
また、「ユーザーの父親の病室には複数の患者がいるので、病室近くの面会コーナーで会ってもらうことにしたい」との提案があった。具体的には「(父親は)意識が戻り、安定状態にあるので、看護師が車椅子で案内する」という内容であった。

ユーザーもその返答に納得し、協会からは病院へ対し、マニュアル作りやセミナー開催に協力することを伝えた。

協会からのコメント

協会からのコメント

誰もが利用できる環境整備へ

医療機関は誰もがいつ、利用するか分からない身近な場所であり、ユーザーにとって盲導犬同伴で通院しやすいかどうかは切実な問題です。医療機関では、病院の規約を変更するまでに時間がかかり、事態解決が長期化するケースが目立ちます。
また、2019年4月には、東京消防庁の指令管制員が救急隊員に「救急車に盲導犬は同乗できない」と誤って回答していたとの報道がありました。まだまだ、専門家でも間違いが起きているのが現状です。

厚労省が医療機関向けに出している「ほじょ犬もっと知ってBOOKでも、「他の患者や利用者と同様に、待合室、検査室、診察室、病室に受け入れることを前提に考える、受け入れられない区域を設ける場合は、補助犬ユーザーが分かるよう、ていねいに説明するなど、配慮を呼びかけています。協会では、こうした医療機関へ向けた受け入れ対応セミナーを開催し、看護師ほか現場職員の具体的な対応についても相談にのっています。

友人のお見舞い、ゆっくり面会できなかった

経緯

視覚障害者の友人数名とそのヘルパーたちで友人のお見舞いへ行ったところ、受付にて「盲導犬でも犬だからダメ」と断られた。猛暑のため、病院玄関の自動ドアとドアの間の空間での待機を頼むも聞き入れられなかった。
病院スタッフより、盲導犬を預かり外で待っているとの提案を受けたが、盲導犬のことを良く知らない人に預けるのは不安なため、自分のヘルパーに預かってもらい、見舞いには他の人のヘルパーに付き添ってもらった。しかし盲導犬のことが心配なため、自分だけお見舞いを早めに切り上げ、友人の見舞いが終わるまでは盲導犬と外で待つことになった。

協会の対応

病院に確認したところ「身体障害者補助犬法は知っており、外来は全面的に同伴可能。ただ、病棟は清潔にしている区域のため同伴は難しい」との回答。
建物内に入れなかったことは、病院スタッフへの指導不足だった。

盲導犬の衛生管理について説明し、病棟を含め、着替えや靴の履き替えなどが必要無い場所(一般清潔区域)においては同伴を制限する必要はないことを理解いただいた。

結果、
・外来も病棟内も同伴OK
・面会にも同伴可、但し大部屋の場合は、可能であれば病棟内のデイルームを利用する
などの合理的な受け入れルールが作られた。

協会からは、盲導犬ユーザーの要望により臨機応変に対応できる体制づくりを再度依頼した。


また、その病院の所属グループへも本件を問題提起したところ、「グループ全体として、マニュアルや対応方法が決まっておらず、法律も認識していなかった」とのこと。
全国の、グループに加盟している病院へ受け入れについての通達が出された。

協会からのコメント

協会からのコメント

盲導犬同伴でも一般の方同様にお見舞いが出来るべき

病院へお見舞いに行った際、盲導犬同伴を断られることは少なくありませんが、家族や知人のお見舞いに行きたい、と思う気持ちは目の見える人と同じです。
実際に、病棟に重篤なアレルギーの方などがいる場合には、別の場所で盲導犬を待機させることもあると思います。しかし、本来は受け入れが前提であり、盲導犬を待機させるかはあくまでも当事者が状況を確認した上で判断するものです。ユーザーへの相談なく、病院が一方的に判断してしまうことが無いよう、法律を正しく理解し、受け入れるのにはどうしたら良いかを前向きに考えていくことが大切だと思います。

健康診断の際に盲導犬同伴を断られ、病院スタッフのサポートも受けられない

経緯

がん検診を受けるため、盲導犬同伴の確認連絡をしたところ、「玄関に置いておくなら良いが、建物に入ることは駄目」と言われる。また、「検診中の誘導をスタッフが行う事は出来ないため、必ず女性の付き添い・ヘルパーを連れてくること」と言われた。
ヘルパーはお金もかかるし手配に時間もかかるため、病院のスタッフにサポートしてほしいと伝えるも取り合ってもらえなかった。

協会の対応

その医療機関では、障害者の対応マニュアルが作られており、
・自力で歩行できる視覚障害者は必ず付き添いを同行する
・盲導犬は検査フロアに入れず、受付に単独でつないでおく」
などの内容があった。

協会から、「検査室は一般清潔区域のため盲導犬は入れる。
また、視覚障害者は同行者がいないと受診できない事は不当な差別であるため、ルールは見直してもらいたい」と伝えると、「そちら(日本盲導犬協会)が考える基準と私たちの考える基準が異なっているようだ」とのことだった。


話し合いのため、PR犬を連れて訪問。
その結果、すべての検査室にて盲導犬同伴可・同行者不要、とルールが変更された。
ルールを周知し、今後は盲導犬ユーザー本人と話し合ってその都度臨機応変に対応することとなった。

協会からのコメント

協会からのコメント

健康診断でも、一般の方が入れる場所は盲導犬も同伴できる

健康診断は、ユーザーも受ける権利があります。企業に勤める方であれば毎年の受診が必要です。健康診断での盲導犬の受け入れは、ユーザーの健康維持のために必要なことと言えるでしょう。
過去にはユーザー自身が交渉し、一度は受け入れたものの、次年度に行ったらまた初めから説明をしなければならなかったというケースもありました。同じ病院で継続して気持ちよく健康診断を受けられるよう、施設のルールとして周知することも重要です。

医療機関での盲導犬の受け入れに関しては、厚生労働省も一般清潔区域は盲導犬を同伴できることが前提としています。
医療機関の規模や診療科により対応が異なる場合もありますが、受け入れることを前提に考えているかどうかで、対応は全く違うものとなるはずです。ご理解をお願い致します。

眼科への通院、一人で通院したい

経緯

受診のために、事前に家族と訪問し「次回から盲導犬同伴で良いか」と確認したところ、院長の判断により「盲導犬同伴は駄目」「院内は看護師が手引きするし、歩けないなら車椅子を用意する」「盲導犬は外に待たせるならいい」と言われる。
盲導犬ユーザー本人が「盲導犬はペットと違うこと」や「足元でおとなしく待機できること」を説明するも理解を得られなかった。

協会の対応

院長に確認したところ、「盲導犬については院内が狭いため、入り口付近のスペースで待機できないか確認したつもりだった」とのことだった。

協会より、身体障害者補助犬法の認識を確認したところ、法律の存在を知らなかったため、法律により受け入れ義務があることを説明。スペースについては、現場で当人を交えて適した場所を検討して欲しいと説明した。
受け入れについて理解し、次回から盲導犬を同伴して、院内も盲導犬と一緒に歩いて構わない、と回答があった。

協会からのコメント

協会からのコメント

個人経営医療機関も受け入れの義務あり

個人経営の病院、医院では、いまだに法律を認知していない場所も多く、考えを改めてもらうまでに時間がかかることもあります。特に眼科はユーザーが利用する可能性が高く、また定期的な受診になることも多いでしょう。
私たちの協会では、資料提供のほか、医療機関向けのセミナーも実施しています。
https://www.moudouken.net/knowledge/law.php

眼科の皆様とは視覚障害について連携していきたいと思っています。
協会としても積極的な発信をしたいと思っていますが、もし、お知り合いに病院経営者の方がいたらぜひ当協会のHPやセミナーを紹介ください。

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る