盲導犬受入れ拒否対応事例集:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 盲導犬受入れ拒否対応事例集 > 盲導犬受入れ拒否対応事例集

公益財団法人日本盲導犬協会

盲導犬受入れ拒否対応事例集

視覚障害の方が盲導犬を伴ってバスや電車、タクシーに乗ったり、飲食店やホテル・旅館を利用したりすることは、2016年4月に施行された障害者差別解消法、それに先立って2002年10月に施行された身体障害者補助犬法によって、「法的権利」としてしっかりと確立されています。

視覚障害の方が社会参加を制限されたり拒まれたりすることがあってはなりません。でも、盲導犬同伴の「受け入れ拒否」が後を絶ちません。残念ですが、法律が社会に浸透しているとは言い難いのが実情です。

特に障害者差別解消法は、障害の捉え方をこれまでの「個人の心身の機能障害」から「障害は社会的差別や不平等によってもたらされる」と考え、その障壁を除くのが社会の責務とうたっています。誰もが分け隔てなく自由に活動できるよう社会のシステムや発想を変えていかなければなりません。

日本盲導犬協会では、盲導犬ユーザー(使用者)が受け入れ拒否に遭い、本人の説明だけでは先方の対応が変わらなかった時は、協会職員が直接、先方に理解を求めるアドボカシー活動を展開してきました。ここでは拒否の対応事例の一部を紹介しながら、どのような経過をたどって先方の対応変更にこぎつけたのか、詳細を報告することにしました。「受け入れ拒否事例」は、角度を変えて言えば「盲導犬の受け入れ事例」でもあります。

盲導犬受入れ拒否の実態

過去3年間で発生し報告された受入れ拒否事例についてデータを集計し、見えてきた実態をまとめました。
盲導犬受入れ拒否の実態(2019)

障害者差別解消法施行から3年 盲導犬ユーザーへの実態調査実施

障害者差別解消法施行が施行されてから3年、果たして障がいに対する社会の理解は進んできたのでしょうか?

その実態を把握するために、盲導犬を使用する視覚障がいの方206人に聞き取り調査を行いました。すると60%もの人が法施行後も受入れ拒否を経験。その調査結果をまとめました。
盲導犬ユーザーの実態調査報告書(2019)

対応事例集

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る