修了式が執り行われました:盲導犬の里 富士ハーネス

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。

MENU

トップページ > 富士ハーネス > ニュース > 修了式が執り行われました

盲導犬の里 富士ハーネス

ニュース

修了式が執り行われました

2015年2月14日 ニュース


先日、3家族のパピーウォーカーを対象に『パピーウォーキング修了式』

が執り行われました。


まず始めに、センター長から、盲導犬育成事業にパピーウォーカー

としてご協力いただいたことへ感謝の言葉が述べられました。


はじめ
(センター長よりご挨拶)


そして、それぞれのパピーウォーカーに感謝の気持ちを込めて

パピーウォーキングの修了証書が手渡されました。


うみかぞく

わいおりかぞく


うーるかぞく


(感謝の気持ちを込めて、修了証書が手渡されました)


続いて、それぞれのパピーウォーカーから、パピーと一緒に過ごした

思い出や今日の日を迎える思いなどをお話いただきました。


皆さんのお話から、パピーたちがどれほどまでに愛情いっぱいに

育てていただいたのかが伝わってきて、感謝の思いで胸がいっぱいに

なりました。


うみはなし

わいおりはなし


うーるはなし


(パピーとの思い出など、お話して下さいました)



訓練部を代表して、マネージャーからも挨拶をした後、外へと移動し、

いよいよ本格的な訓練が始まるパピーたちにハーネスをつけて

記念撮影を行いました。


ハーネスをつけたパピーたちの表情はとても凛々しく、この1年の成長を

実感出来ました。


しゅうごう
(パピーウォーカーの皆様も一緒に記念撮影)


その後、トレーニングルームに戻り、盲導犬育成事業についてや

これからの訓練の流れ等、お話しさせていただきました。


simei
(日本盲導犬協会の使命)


今回は特別に、パピーウォーカーさんに、この1年でパピーたちが

出来るようになったことをご披露いただきました。


うみひろう

わいおりひろう


(ウエイト〈待て〉やヒール〈左について〉など、披露してくれました)


続いて、訓練士が訓練の導入部分について実演し、どのような訓練を

行っているのか、パピーウォーカーの皆さんに見ていただきました。


パピーウォーカーのご家族と過ごしてきた中で、犬たちが学んできた

『人と一緒に何かすることは楽しい』ということを利用したり、『グッド』

という褒め言葉をたくさん使い、出来たら褒めることの繰り返しで、

犬たちにたくさんのことを教えていきます。


くんれん
(訓練の実演の様子)


修了式には、繁殖犬の『ウィング』お父さんも駆け付けて

我が子の成長した姿を見守ってくれていました。


うぃんぐ
(ウィングお父さん)


盲導犬候補の犬たちは、たくさんの方々と一生を通じて繋がって

いきます。


繁殖犬ボランティア、パピーウォーカー、訓練士、盲導犬ユーザー、

そして、引退犬ボランティア。


うみかぞく

わいおりかぞく

うるかぞく
(それぞれのご家族と記念写真)


繁殖犬ボランティア、パピーウォーカーの皆さんが繋いで下さった

バトンを、私たち職員は責任を持って受け取ります。


パピーウォーカーのご家族と一緒にいる時に見せていた、犬たちの

キラキラとした笑顔を絶やさないように、その犬に合った訓練を行い、

その犬の幸せな道を見つけてあげたいと決意を新たにしました。


これからは、私たち職員がたくさんの愛情をかけて訓練を行って

いきますので、安心してお任せいただけたらと思います。


パピーウォーカーの皆さん、1年間、本当にありがとうございました。


ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページトップへ

ページ終わり

ページのトップへ戻る