股・肘・膝関節の検査と改良:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 協会について > 股・肘・膝関節の検査と改良

公益財団法人日本盲導犬協会

股・肘・膝関節の検査と改良

股・肘・膝関節の検査と改良

レトリーバー種は、肘や股関節に問題を抱えている犬が多いことが一般的に知られています。当協会では股関節について「エクセレント」「グッド」「フェア」「ボーダーライン」「マイルド」「モデレート」「シビア」の7段階の中で評価を行っています(OFA <Orthopedic Foundation For Animals> 基準による)。今までの取り組みの結果、当協会の盲導犬候補犬は、「エクセレント」と「グッド」を合わせて90%以上となっており、近年では股関節の弱さでキャリアチェンジになる犬は見られなくなっています。

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る