キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについて:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > ボランティア > キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについて

公益財団法人日本盲導犬協会

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについて

身体的に懸念がある犬や、訓練を行ったが稟性的(性格)に盲導犬に向かないと判断した盲導犬の候補犬は、進路を変更する事からキャリアチェンジ犬と呼びます。キャリアチェンジ後、それぞれの性質にあった環境のもとで暮らすことになります。啓発活動の場でデモンストレーションなどを行う盲導犬PR犬や、手足が不自由な方のサポートをする介助犬として活躍することもあります。キャリアチェンジ犬が天寿を全うするまで、家族の一員として迎え入れてくださる家庭をキャリアチェンジ犬飼育ボランティアと言い、安定的な盲導犬育成のためには欠かせないボランティアです。

キャリアチェンジの主な理由は、活発すぎる、動物や人を怖がる、警戒吠えをするなどのほか、身体的健康面でクリアできなかったなどです。早い段階でキャリアチェンジとなった場合、十分に訓練されていないことをご理解ください。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアの基本条件

1.室内飼育ができるご家庭

盲導犬の育成プログラム上、子犬の頃より室内飼育で生活してきています。室外飼育になると疎外感から問題行動を起こす可能性があります。室内飼育ができるご家庭の登録をお願いします。

2.留守がちでないご家庭

キャリアチェンジ犬は人のそばにいることが大好きです。安心して生活ができるよう、留守がちでないご家庭に登録をお願いします。

3.節度のある愛情をもって飼育できるご家庭

犬の体重管理(適切な食事や運動の管理)、健康管理(ワクチン接種・ノミダニ・フィラリア予防など)、日頃の犬のケア(被毛の処理など)には十分留意していただけることも条件です。

*譲渡が決まりましたら、マンスリー賛助会員(月額1,000円)にご入会いただいております。
賛助会員の説明はこちらをご覧ください。

キャリアチェンジ犬(CC犬)譲渡契約までの流れ

協会の「キャリアチェンジ犬飼育ボランティア申込書」に全てご記入いただき、最寄りの訓練センターへ郵送して下さい。 登録申込書

受付し、待機者の仮登録※をします。本登録後、CC犬の紹介までお待ちいただきます。待機期間は数ヶ月~数年で、訓練センターにより異なります。

ご家族との相性・希望条件を考慮し、犬とのマッチングを行います。条件が合った登録者に、CC犬を紹介させて頂きます。

訓練センターに来所いただき、CC犬と面会していただきます。その際に飼育アドバイスを行います。当日CC犬を連れて帰るか、後日迎えに来るか、どちらでも結構です。

ご自宅で犬と生活して頂きます。CC犬との生活に問題なければ、引渡し(譲渡契約)となります。(約2週間程度)

正式にご家族の一員となります!譲渡後も年に一度程度、協会から状況確認等のアンケートを行いますので、ご協力をお願いします。

※登録申込書を郵送頂きますと仮登録となり、後日協会より詳細確認のため連絡がいきます。申込内容を確認してから本登録とさせていただきます。申込書をお送りいただいても、必ずしも犬を譲渡できるとは限りませんので、ご了承下さい。キャリアチェンジ犬飼育ボランティアへのお申込は、下の登録申込書をプリントアウトしご使用ください。登録申込書

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る