ネットリーダーをお使いの方は、コントロールキーを押しながらアルファベットのUキーを押すことで、HPが読みやすくなります。





メインメニュー



ホーム > 盲導犬について知る > 盲導犬とは?
盲導犬とは?
目の見えない人・見えにくい人が安全に歩けるように
目の見えない人・見えにくい人が行きたい時に行きたい場所へ出かけられるように、盲導犬は障害物を避けたり、段差や角を教えたり、安全に歩くためのお手伝いをします。道路交通法や身体障害者補助犬法という法律でも認められていて、目の不自由な人と一緒に電車やバスに乗ったり、お店などに入ることができます。
安全に歩けるように
 

盲導犬は大切なパートナー

盲導犬は生き物ですから、食事やトイレの世話、シャンプーやブラッシングなど、大変なこともあります。でも、安全に歩くことを助けてくれるだけでなく、手を伸ばせば温かなぬくもりも与えてくれます。盲導犬は、盲導犬ユーザーにとって大切なパートナーであり、家族の一員なのです。

盲導犬は大切なパートナー 大切なパートナー

法律で定められた盲導犬
1978年(昭和53年)の道路交通法の改正を機に盲導犬に関する実体規定が定められました。車両の一時停止や徐行の義務により、道路通行上も保護を受けています。盲導犬は、「身体障害者補助犬法」(平成14年10月施行)に基づいて認定された犬で、特別な訓練をうけています。ですから公共施設や交通機関をはじめ、飲食店やスーパー、ホテルなど様々な場所に同伴することができます。 
盲導犬に関する法律
ハーネスは盲導犬のシンボル
盲導犬が体につけている白い胴輪をハーネスといいます。ハーネスを通して盲導犬の動きが盲導犬ユーザー(使用者)に伝わり、安全に歩くことができます。たとえば、ハーネスが少し左に動いて止まると左に角がある、ハーネスが少し上に動いて止まると昇りの段差か階段がある、というようにハーネスの動きから伝わる情報が目の不自由な人の安全な歩行を支えます。
ハーネスを付けた盲導犬





ハーネス

仕事をしている時は必ず身につけています。
左を歩きます
盲導犬は基本的には、人の左側を歩きます
(場合によっては異なることがあります)
他にもこんなものが
盲導犬であることが外から見てわかるように、表示の義務があります。
車の運転免許証が必要なように、盲導犬の運転免許証である「盲導犬使用者証」や「身体障害者補助犬健康手帳」を盲導犬ユーザーは、携帯しています。

厚生労働省>ほじょ犬


ハーネスバッグの表には盲導犬と表示ハーネスバッグの表には「盲導犬」と表示されています

(Illustrated by 佐々木トオル)

盲導犬の主な仕事

角を教える
角を教える
段差を教える
段差を教える
障害物を教える
障害物を教える

(1)角を教える、(2)段差を教える、(3)障害物を教える  
この3つの基本的な仕事を組み合わせて、盲導犬の歩行が成り立っています。さらに、近くの目標物(ドアや改札など)まで誘導することもあります。

盲導犬はカーナビのように目的地まで連れて行ってくれると思う人もいらっしゃいますが、盲導犬に「コンビニまで」と言っても連れて行ってはくれません。盲導犬ユーザーは頭の中で目的地までの地図を描きながら盲導犬に指示を出します。例えば、2つめの角を左に曲がって、その次の交差点を渡ったところにある郵便局に行く時、盲導犬ユーザーは、盲導犬が教えてくれる角を確認しながら、目的地まで歩きます。もちろん、途中に放置自転車などの障害物や階段があれば、盲導犬が教えてくれます。

盲導犬との歩行について、ある盲導犬ユーザーは、こう表現しています。「目的地につくまでの苦労を半分、目的地についた時の喜びを2倍にしてくれるのが盲導犬です」と。

盲導犬に適している性格
温厚で、人との作業を楽しんでできる(作業意欲が高い)犬が向いています。いろんなところに行っていろんな人や犬など他の動物にも会ったりすることから、攻撃性のない犬であることが重要です。またどこにいてもあまり動じない順応性の高い犬が向いていると言えます。

大きさや力加減、見た目のかわいさなどの面から、現在国内では主に、ラブラドール・レトリーバーが一番多く活躍している犬種です。他には、ゴールデン・レトリーバーやラブラドール・レトリーバーとゴールデン・レトリーバーの1代雑種(通称、ミックスブリード)もいます。

昔はジャーマン・シェパードが多かったのですが、見た目が非常に精悍で、犬が苦手な人へ威圧感を与えてしまうことがありました。それにくらべてレトリーバー種は、たれ耳でアーモンド型の目という外見に加え、元来狩猟犬として人と一緒に仕事をすることが好きな性格という点からも盲導犬に向いています。

ページのトップへ戻る

補助メニュー

ページ終わり


ページのトップへ戻る

トップページへ