第9期パピープロジェクト修了式:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

公益財団法人日本盲導犬協会

第9期パピープロジェクト修了式

第9期パピープロジェクトが始まったのは2017年3月13日のこと。
そこから、早くも10ヵ月を迎えた2018年1月22日。
6頭のパピーと23人の訓練生が、島根あさひ社会復帰促進センターで
修了式の日を迎えました。

久野正道センター長


式ではまず、同センター久野正道センター長から
「命を育むことの貴さや他社と協力することの大切さや大変さなど、
多くのことを学び、社会で生きていく上で大切な多くのものを
身に付けたとことと思います」と挨拶がありました。

続いて島根あさひ訓練センターの横田センター長より、訓練生一人ひとりに修了証書を手渡します。

修了証を受け取る訓練生

10か月の間、寝食を共にして同じ時を過ごした訓練生とパピー達。
委託されたばかりの頃はパピーに振り回されてばかりだった訓練生が、
今は自信を持ってリードを引いてパピーと一緒に歩きながら、
人も犬も堂々とした姿勢で修了証書を受け取っていました。
横できちんと座って待つことが出来るようにまで成長したパピーの姿に、
式中にも訓練生は思わず笑顔をこぼしながら、小さな声で「グッドだよ」
と褒めていました。

訓練生代表のあいさつでは「運動会でデモンストレーションを披露するために
皆が一致団結し取り組んだことが心に残っています。価値観の違う相手を尊重し、
譲り合い、協調性を持つことの大切さを学ぶことができました。パピーたちの幸せを心から願っています」とプログラムを終えての心境が述べられました。

訓練生とパピー

そして、各班の代表からパピーが協会に返されます。委託式の時には抱っこで
受け取っていたパピー達がですが、修了式ではリードでの引き渡しになります。
そんなところでもパピーの成長を感じたのか、訓練生の表情にはパピーを育て上げた
達成感や安堵感、そしてパピーとの別れの寂しさが色濃く出ていました。

パピーと触れ合う訓練生

パピーと触れ合う訓練生


式終了後、いよいよ最後のお別れです。愛おしそうに頭をなでる方、
「頑張ってこい、幸せになるんだぞ」とエールを送る方、そしていつものように
膝のうえに抱かれ、眠たそうに安心した表情を見せるパピーの姿もありました。

今回参加された訓練生、社会復帰促進センター担当者の皆様、
そしてウィークエンドパピーウォーカーの皆様のあたたかいご協力のもと
無事第9期を終えることができ、本当にありがとうございました。

皆さんからのたくさんの愛情を身体いっぱいに受け大きく育った6頭の新たな一歩を
今後も応援してください。

パピーの集合写真

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る

ページ終わり

ページのトップへ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール