第7期島根あさひ盲導犬パピープロジェクト委託式:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 島根あさひ訓練センター > パピープロジェクト > パピープロジェクト便り > 第7期島根あさひ盲導犬パピープロジェクト委託式

公益財団法人日本盲導犬協会

第7期島根あさひ盲導犬パピープロジェクト委託式

第7期島根あさひ盲導犬パピープロジェクト委託式

3月16日、気持ちの良い暖かな天気です。
本日は第7期パピープロジェクトの委託式を行いました。

時間が14:00に近づくにつれ徐々に緊張した雰囲気が会場全体を包みこみます。
14:00となりました。委託式がスタートいたしました。
今回のパピーは全6頭。36名の訓練生が6班に分かれて10ヵ月間お世話をします。

先ずは、島根あさひ社会復帰促進センター長 高野照文様より訓練生に向け「盲導犬となるための基礎が築かれていく大切な時期です。パピー育成の間には思い悩む事もあると思いますが、ひとつひとつ困難を乗り越えていって貰いたい。
たくさんの愛情を持ってパピー育成に取り組みこれからの10ヵ月間を過ごして貰いたい」と、お言葉を頂きました。

次に、当協会の吉川常勤理事より訓練生に向け「このプログラムを成功させる為には、皆さんを心から信頼して犬を預ける事。皆さんがこのパピープロジェクトを通じて盲導犬育成に貢献している事はもちろん、その先にある目の不自由な方が明るい気持ちや前向きな気持ちになる事に対する貢献、また盲導犬と共に歩いている盲導犬ユーザーを見ている一般の人が自然と笑みがこぼれ幸せな気持ちになる事への貢献。つまりは、差別のない明るい社会作りの貢献をしているという事です。これから10ヵ月間愛情を注いであげてください。よろしくお願いします」と挨拶をしました。

吉川常勤理事よりパピーの受け渡し

1頭ずつ吉川常勤理事より訓練生にパピーたちが手渡されます。
抱っこをする手がまだどことなくぎこちないです。
訓練生の表情はまだあどけないパピーたちにほほがゆるみながらも
これから立派な盲導犬に育つための礎になる10ヵ月間、大切に愛情を
かけて育てていかなければいけないという、緊張の面持ちでした。


委託式終了後の、訓練生からのインタビューを紹介いたします。
・20代男性
思っていたより、すごく小さいと思いました。この命を大切に育てて行きたいです。
社会にいながら、自由に生活が出来ない人のお力になりたいと思いました。
パピーの育成は自分ひとりの力ではできない事なので、班の皆さんと協力して、
責任を持って取り組んでいきたいです。
・20代男性
思ったより小さかったです。
盲導犬の数がまだまだ少ないという事を知り、自分が携わる事で少しでも貢献できればと思いました。
年上の方の意見を大切にしながら、協調性を養い社会勉強をしたいです。
パピーの長所を生かして成長できるよう手助けし、一つの命を育てるという責任を全うしたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様、第7期のパピープロジェクトが発進しました。どうぞ温かく見守ってください。

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る

ページ終わり

ページのトップへ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール