視覚障がい者支援対策本部より「感謝状」が授与されました:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

公益財団法人日本盲導犬協会

視覚障がい者支援対策本部より「感謝状」が授与されました

視覚障がい者支援対策本部より「感謝状」が授与されました

2012年05月07日

日本盲導犬協会では、盲導犬ユーザーはじめ、被災したすべての視覚障がい者支援のため「東日本大震災視覚障がい者支援対策本部」宮城県支部として支援活動を行ってまいりました。

2012年3月11日、支援対策本部を設置した社会福祉法人日本盲人福祉委員会が主催する『東日本大震災 視覚障がい者支援のまとめと課題』と題したシンポジウムが行われました。
当協会盲導犬ユーザーの原田宗雄さんはじめ5名の視覚障がい者の方が壇上に登り、避難方法や避難先で苦労したことや助けられたことなど、体験談を詳細に語られました。また、いつ発生するとも知れない災害に備え、行政・地域・関連団体と一体となったシステムの構築・準備が必要不可欠であることを最確認しました。
シンポジウムでは、当協会の震災支援活動に対して、日本盲人福祉委員会より「感謝状」が授与されました。

● 日本盲人福祉委員会より感謝状授与

更に4月に入り、宮城県の村井嘉浩知事より、日本盲導犬協会の支援活動に対し感謝のお手紙をいただきました。
今後も、日本盲導犬協会では、仙台訓練センターを中心に、引き続き東北地域の復興を目指し、視覚障がい者の皆様の支援を継続していきます。

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る