今年度最後の短期視覚障害リハビリテーションを実施しました:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 仙台訓練センター(スマイルワン仙台) > ニュース & イベント > 今年度最後の短期視覚障害リハビリテーションを実施しました

公益財団法人日本盲導犬協会

ニュース & イベント

今年度最後の短期視覚障害リハビリテーションを実施しました

2015年2月17日 ニュース

2月2日から7日まで、スマイルワン仙台では今年度最期の短期リハを実施しました。
2月の短期リハというといつも雪が心配で、大雪に悩まされることが多いのですが、この期間中は天候に恵まれ、歩行訓練なども思う存分行うことができました。
今回は男女それぞれ2名ずつの4名の参加となりました。これから視覚支援学校に入って学ぶための準備として参加した方、いずれ一人暮らしがしたいという思いから自分で出来ることを増やしたいという方、自分と同じように見えにくい方と交流をしたいという方など思いはそれぞれでしたが、みなさん自分が行いたい訓練に真剣に取り組んでいました。

窓の外を見ながら見え方に応じた遮光眼鏡の色合わせをしています遮光眼鏡の色合わせ中

隅々まできれいにできているか確認しながら掃除をしています。隅々まで掃除をする工夫を考えます


調理の訓練では、普段から料理をしている主婦の方が、電子レンジで行う調理にびっくり!電子レンジで魚を焼いたり、お味噌汁を作ったりしました。最終日には4人全員が調理を行い、最後のお昼ごはんはとても豪勢なものになりました。

短期リハで大切な時間は訓練の時間だけではありません。今回初めて白杖を持つという方に、自分が白杖を持つようになった経緯をお話し、そのうえで白杖を持つメリットを話す参加者がいらっしゃったり、自分が行っている工夫をご紹介しあったり、見えにくい状況で感じている同じ悩みを話したりと、短期リハでは指導員からの訓練以外のところで学ぶこともたくさんあります。

最終日の感想では、「短期リハを希望される方はたくさんいるので、今後も続けてほしい」などといううれしい意見をいただきました。初日に緊張した表情をしていた4名ですが、最終日にはとても生き生きとした表情をしてセンターをあとにし、我々職員もすがすがしい気持ちでみなさんをお送りしました。

次年度も短期リハを実施します。自分も参加してみたい、もっと詳しく知りたい、来年度の日程を教えてほしい等という方は直接スマイルワン仙台(022-226-3910)にお問い合わせください。

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール 個人情報は「SSL」により保護しております。