支援者向け視覚障害リハビリテーション講習会を行いました:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 仙台訓練センター(スマイルワン仙台) > ニュース & イベント > 支援者向け視覚障害リハビリテーション講習会を行いました

公益財団法人日本盲導犬協会

ニュース & イベント

支援者向け視覚障害リハビリテーション講習会を行いました

2015年2月13日 ニュース

先月、スマイルワン仙台で支援者向け視覚障がいリハビリテーション講習会を行いました。
眼科で働いている視能訓練士の方や同行援護事業所の方、ご家族の方などいろいろな方が集まりました。
ロービジョンキットを付けて見えにくい状態を体験しながら視覚に障がいがあるとどんなところが困るのかを考えながら、読み書きの体験、歩行の体験を行い、そのうえで工夫によって自分自身でできること、訓練すればできるようになること、サポートが必要なことなどを整理していきました。
初めは見えにくい状況でできないと思うことがたくさん出てきましたが、最後にはいろいろな工夫で出来るということの方が多いという意見になりました。

グループでディスカッションした内容を発表します

見えにくい状態で文字を読む体験中


また、幅広い職種の方が交流することでいろいろな考え方も共有することができました。
アンケートでは、いい体験ができた、自分の職場に戻って今回学んだことを伝えたい、職場でも同じような講習を行ってほしいなどという意見をいただきました。
視覚障がいリハビリテーションというものを少しでも多くの方に知ってもらい、支援につながることを願って、今後もこういった講習会を実施していきたいと考えています。




ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール 個人情報は「SSL」により保護しております。